NEWS

【新聞】フジサンケイビジネスアイにて弊社代表三上力央が紹介されました。

12月 17th, 2007

花葬儀 DSC_1214解像度150.jpg
記事内容:
地域に密着した生花店を代理店として、個性的な冠婚葬祭サービスを提供する。婚礼事業の「ウェディングガーデン」、葬儀事業の「セレモニーガーデン」、「花葬儀」が中心事業となっている。
 生花店の可能性に気づいたのはITコンサルティング会社に勤務していたときのこと。「生花店を経営していた知人の父親から、明治創業で区内では売上首位なのに、規模が拡大できないと相談を受けたことがきっかけだった」と三上力央社長(34)は振り返る。
 そこで生花店の収益構造を調べたところ、葬儀、結婚式、店頭販売の順番で収益が高いことが分かった。しかし葬儀会社や結婚式場から多額の手数料を差し引かれていている現実も知ることになる。
 その後起業のためにITコンサルティング会社を退職したあと、自らは葬儀業界で、ビジネスパートナーは生花店で1年間働き業界事情に精通する。
 「地域住民に親しまれている生花店に当社の冠婚葬祭事業の代理店となってもらい、葬儀会社や結婚式場の下請けに甘んじている現状を変えたい」との思いから創業する。
 生花店は下請けを脱して代理店となることで、営業手数料を獲得することができ、収益性を高めることができる。
 ベンチャーで知名度のないリベントにとっても、古くから地域で営業している生花店は年配客が多く、会社へも納入しているため信用が高く、代理店としての効果は大きい。
 生花店主導になることで、葬儀の質も向上する。葬儀の花と言えば菊というイメージがあるがこれは「簡単に用意できて利幅が大きいため」という。「このため従来の葬儀会社主導だと遺族の細かい要望を実現できないのが現状。これが生花店主導になればスキルを生かして、祭壇を飾る花について細かく遺族の要望にこたえることができる」という。
 また全国の葬儀会社のほとんどを占める家族経営の小規模の葬儀会社に代理店になってもらうことも検討している。「葬儀業界では家族経営など小規模経営の葬儀会社が経営難に悩んでいる。私たちが直接プロデュースできない地方などで代理店となってもらうことも考えている」という。
花葬儀:
オリジナリティーある葬儀として好評を博している「セレモニーガーデン」の廉価版として7月からサービスを始めた。最も安いもので20万円からのプランが用意されている。
 セレモニーガーデンは法人や富裕層向けのこだわりの葬儀であり、質の高いサービスを提供している。このため高いスキルを持つ生花店3社としか提携することができず、値段も高くなってしまっていた。
 そこで生花店であればどの店舗でもサービス可能なパッケージにした「花葬儀」を商品化した。現在東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に首都圏で事業展開しているが、3年以内に大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台など全国の拠点都市に進出する。
 提携生花店では、パンフレットやポスターを店頭に張ってもらいアピールしているが、今後はロゴや看板を作り掲げてもらうなどしてブランド化を図る。
 生花店からの反響は大きく、鹿児島からも提携したいという申し出があった。
 将来は分社化を視野に入れ「『花葬儀』のブランドが会社名になるほどに全国に浸透させたい」(三上力央社長)と意気込んでいる。
社長のことば:
誕生日、成人式、結婚、葬儀など生活に関わるさまざまなシーンを企画・プロデュースしている。だれもが、だれにもない輝きを持っている。その人だけの輝きや、その人らしさを最高の形で表現することにこだわっている。